2006年10月07日

サッカーレオの特技サッカー

F1000985.JPG

今頃ですけど、レオの特技を発見してしまいましたわーい(嬉しい顔)手(チョキ)

それは、↑これ、サッカーサッカーです。レオはドリブルがとっても上手なんですよーハートたち(複数ハート)

先日、夕方のお散歩の時にお隣の幼稚園の年長さんの男の子Tくんが、お友達と一緒に公園で遊んでいるときのことです。

Tくんたちが遊んでいる滑り台の下に、サッカーひとつのサッカーボールがあったんです・・・。

すると、レオがものすごく興味を持ってサッカーを転がして興奮しながら遊び始めたのですーがく〜(落胆した顔)

いつもは、こうゆう役目はクリスさんなんですけど、母ちゃんレオのその嬉しそうな様子にびっくり&嬉しくて・・・

『Tくん、ちょっとボール貸してなぁーーーーーexclamation×2

で、レオとサッカー開始顔(笑)犬(足)

F1000998.JPG

クリスさんも参戦して、一緒に楽しくサッカー遊び。

F1000991.JPG

いつもなら元気過ぎるクリスにたじろぐレオさんですけど、サッカーのときは違うんですexclamation負けじとボールを追いかけて、ドリブルドリブルーーーーーるんるん

F1001001.JPG

レオ様、かっこいいーーーーーーーーキスマークぴかぴか(新しい)

・・・というわけで、母ちゃんレオに新しいサッカーボールをプレゼントしました顔(メロメロ)

早速お昼から遊びましたが、本当に楽しそうにイキイキとボールをドリブルするレオ。

こんな特技があったんだーわーい(嬉しい顔)と発見して嬉しくなりました。

このボールはぜひ奈良にも持って行ってもらって、もっともっと上手になるように遊びながら練習してもらいたいなーって思った母ちゃんでしたわーい(嬉しい顔)

F1000982.JPG

ちなみにラナ様は相変わらず石ころを追いかけて得意げです・・・顔(汗)

さて・・・
今日の夕方のお散歩の時に、初めて母ちゃんと同じように大型犬を含むワンコを3頭引きをして散歩している人をはっけーーーーんClap

ゴールデン2頭と、たぶん柴かMIXのワンコです。

すごくかわいいゴルちゃんだったので思わず話しかける・・・

むこうの飼い主さんもとっても優しく話してくださいました。

で、びっくりしたことががく〜(落胆した顔)

nagaikiwanko.JPG

なんと、↑↑↑このゴールデンの2頭は、1頭が15歳(確か手前のワンコ)もう1頭が13歳なんですってわーい(嬉しい顔)ぴかぴか(新しい)
人間でいえば、100歳ぐらいと90歳ぐらいだとか・・・(飼い主さん談)

15歳のほうのワンコは、もう耳がまったく聞こえないらしいのですが、それでも元気に歩いてお散歩していました。

13歳のワンコはベテランワンコとは思えないほどの元気さ。

すごいすごーーいexclamation×2

もっと近くで写真カメラ撮影したかったのですが、ラナさんがガウガウどんっ(衝撃)なのでちょっと遠くからになってしまいました。

でも、すごいなぁ。大型犬の純血種ってなかなか長生きしにくいと聞きますが、ラナやクリスにも、こうやって元気に長生きしてもらいたいなーーーと思った母ちゃんなのでした黒ハート

ニックネーム terudora at 22:14| Comment(10) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月05日

四葉レオの旅立ち四葉

F1000905.JPG

レオが、奈良の里親さんであるDoor'sさんのところへ行く日が決まりました四葉

10月15日(日)になりました。

Door'sさんファミリーの、娘さんであるKちゃんが、レオの名前を
「ラルフ」という名前がいいと考えてくれているそうで、名前も新しくラルフに改名ですかわいい

今日からレオをラルフって呼ぶように練習顔(笑)

結構気に入ってる様子ですわーい(嬉しい顔)

F1000968.JPG

最近はすっかり甘えたさんで、ラナやクリスと競って父ちゃんや母ちゃんに擦り寄ってくるラルフ爺。

きっとラルフのことだから、新しいおうちでも可愛がってもらえることでしょうexclamation×2

体調もすっかりよくなって、やせ細っていた体もしっかりしてきました。

ドンくさいゴールデンらしい一面もあるし、父ちゃんや母ちゃんの指示や呼びかけにもしっかり対応できる利口さもあります。

ラルフ、もう少しで我が家を卒業だね・・・

すんごく寂しいけど、ラルフが本当にこれから新しい生活&幸せになれるんだよ・・・わーい(嬉しい顔)揺れるハート

・・・でも、ま、我が家にいる間は「レオ」でいいよね顔(イヒヒ)

今日は。。。

10月5日。ちょうど一年前の10月5日に、小春をお腹の中にやどっていて、腹帯をもらいに祈祷に行き、その帰りに寄った病院での検診で小春が「胎児水腫」という不治の病になっているかもという診断をいただいてしまった日です・・・。

小春は当時の超音波診断で、「女の子」と言われていました。母ちゃんは、父ちゃんの欲しがっていた女の子だとわかって、ものすごく嬉しかったのを覚えています・・・・。

・・・実はね、今はワインバー開けて飲んでいるんです。。。
今日は、やっぱり飲まないと色んなことを思い出して泣いてしまいそうだったので・・・ははは、、、

でも、結局お酒の力が働いて??飲んでいると涙が出てきてしまって(お酒を最初に飲み始めた当初って泣き上戸だったことあるんです)
去年のことを思いだして、切なくなって涙が出てきてしまいました。

バラエティ番組をみながら、突然泣き出したので父ちゃんビックリがく〜(落胆した顔)
でも、すぐにわかってくれました。

私達にとって、やはり小春のことは一生忘れることがないんでしょうね・・・

1年が本当に早く感じます。

小春が守ってくれた、母ちゃん自身の体・・・

大切にしながら、これからも生きてゆきたいです。

今日はちょっぴりしんみりバージョンすみませーーーん顔(ペロッ)
ニックネーム terudora at 21:38| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月04日

かわいい日常かわいい

  http://ark-angels.com/rescue.html

アークエンジェルスさんのHPの広島ドッグパーク跡地でのレスキューの様子が更新されています。

物資は受け入れる場所がいっぱいになったため、しばらく物資援助のほうのお願いはお休みされるようです。

資金援助のほうや複合機・ノートパソコンの援助は引き続き援助をお願いしているようですので、みなさんの温かな援助のほう、よろしくお願いします。

もちろん、ボランティアの募集も引き続き行われています。
広島の地元のほうでもかなり口コミなどでボランティアの輪が広がっているようですばらしいことですが、なんせワンコの頭数が多いですので、たくさんの方々のお手伝いを必要とされているそうです。

こうゆう事実があるということを伝えたり、口コミやブログ、HPなどでボランティアを募ったりすることでも十分お手伝いになると私は思います。
皆さんで応援して1日でも早く全てのワンコが幸せに暮らしていけるように努めたいでーすexclamation×2

F1000965.JPG

では、我が家の日常写真顔(イヒヒ) ラナさんは、食後の運動。母ちゃんを遊びに誘って大好きな引っ張り合いっこです。

F1000647.JPG

クリスさんは器用に寝ています。いつも寝ていても笑わせてくれるクリスです。

F1000647.JPG

最後にレオさん。母ちゃんの膝に上手に顔をのせてムニャムニャいい気分(温泉)
ニックネーム terudora at 20:02| Comment(14) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月03日

わーい(嬉しい顔)お友達ワンズわーい(嬉しい顔)

ちょっと出来事が前後しますが・・・

日曜日に、またまたインターネットの世界でお知り合いになれた、新しいお友達が出来ましたわーい(嬉しい顔)

そしてTORIEさんで、そのお友達と約束してお会いすることが出来ましたぁハートたち(複数ハート)

F1000861.JPG

うううもうやだ〜(悲しい顔)ガラス越しからのお写真でごめんなさいあせあせ(飛び散る汗)
黒ラブ、マリアちゃん(♀6歳)&テレサちゃん(♀3歳)でーするんるん
とっても仲良しの姉妹(本当の姉妹ではないですが)なんです。

マリアちゃんは、甘えたさんでおっとりタイプのかわい子ちゃん。
テレサちゃんは、元気いっぱいでお遊び大好き!のおちゃめさん。

マリテレママさんとも、ランチレストランやお茶喫茶店をしながらワンコ話に盛り上がり、とても楽しい時間を過ごさせていただきましたわーい(嬉しい顔)

マリテレママさん、母ちゃんのブログを以前からずっと読んでくださっていたそうで(いわゆるロム専ってやつですね、笑)そうゆう言葉は本当に励みになり嬉しいですexclamation×2しかも、マリテレママさん、なんとインターネット接続方法は、携帯から毎日見てくれているとのことがく〜(落胆した顔)す、すごいですぅ。ありがとう黒ハート

これからもぜひ一緒に遊んでもらいたいです。クリスも仲良く遊べていましたし。問題はきっとやはりラナさんですけど顔(汗)まぁ、おいおいに・・・すみません顔(え〜ん)


F1000863.JPG

そして、もうひとり!こちらは、お久しぶりのくりすちゃん顔(笑)
くりすちゃんは、我が家のクリスと同じ名前なんですけど、こちらのくりすちゃんは本当にかわいらしくてすぐに女の子だってわかる表情。
そして、この藤色っていうのかな?淡いパープルのお洋服がとーーーってもお似合い揺れるハート
恥ずかしがりやさんのくりすちゃんだから、我が家のワンズを久しぶりに見てちょっとドキドキしているようでしたが、レオとは上手に挨拶もしてくれていましたかわいいありがとう!

F1000864.JPG

フラッティの女の子ってキュートだわぁキスマークぴかぴか(新しい)

・・・・とまぁ、ワンコまみれのそんな楽しい日曜日、というお話でした顔(イヒヒ)


★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*・゚★.。.:*

さてさて、今日火曜日はパートから帰ってまたもやTORIEさんにダーーーッシュー(長音記号1)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)ダッシュ(走り出すさま)

それはなぜかといいますと・・・

F1000958.JPG

はいexclamation×2モカちゃんに会うためでーーーす顔(イヒヒ)

みーママさん&モカちゃんファミリーがレオに会いに、わざわざTORIEさん方面まで来てくださいましたぁぴかぴか(新しい)

F1000955.JPG

のんちゃん、元気いっぱいゴキゲンさーーんわーい(嬉しい顔)

F1000952.JPG

ピピピーーーっあせあせ(飛び散る汗)

ラナさん、そこ、邪魔邪魔っ!!!!(笑)
仲良しカップルの間にグリグリ入っていくなっちゅーーの顔(汗)

F1000951.JPG

しかもなんだ?その満足げな表情は・・・ふらふら

今日もTORIEさんで、楽しくランチ&お茶タイムで素敵な午後を過ごせましたるんるん

みーママさんとお別れしてからラナクリレオと散歩してから帰ると、母ちゃんさすがに眠気に襲われ・・・
3頭と一緒に少々お昼寝(夕方寝ともいうたらーっ(汗)

18時過ぎにチャイムが鳴って起きると、アニーママさん&Gonママさんがアニーちゃん&ゴンちゃんと一緒に前の公園で遊びに誘ってくださったので、急きょ参加ーーーーexclamation×2

クリスは大喜びで野球を追いかけて仲良しのアニーちゃんと遊んでおりましたぁ顔(イヒヒ)

・・・とまぁ今日もワチャワチャな1日でした・・・ははは。

☆昨日のボランティアに参加したときの現地の様子などをホームページでUPしようと思っています。(ほとんどブログの内容と同じになるとは思いますが)
昨日の書き忘れで、ボランティアのトリマーさんが不足しているとの話でした。ワンコを綺麗に洗ったり、毛を刈ったりして、里親さんに早く気に入ってもらえるように清潔にしてあげるためのようです。
母ちゃんとしては、トリマー志望などで勉強中の学校の生徒さんなどが勉強も兼ねて、学校などから大型バスでやってきて、ワンコを洗ってあげたりすればいいんじゃないかなぁ?なんて思ったりしています。









ニックネーム terudora at 22:00| Comment(12) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年10月02日

手(グー)広島までボランティアへ手(グー)

フレリノママと2人で、広島のドッグパーク跡地へ、ボランティアに参加してきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

先日から、URLでお知らせしていた、500頭ほどのワンコがほとんど世話されずにドッグパーク跡地で放置されていて、いわゆる虐待状態だったという事件。

あまりにひどく哀しい話で、現地へ支援物資などを送ったりしていましたが、このたびフレリノママが、仕事の休みを使って現地までボランティアへ参加するということで母ちゃんにも声を掛けてもらい、現地の様子をしっかりとこの目で見て、正確な情報の把握や、少しでも助けをしたいという気持ちで、片道4時間弱の道のりを2人で行きました。

F1000949.JPG

まず、現地へ到着すると、ワン友さんたちから預かって車に積んで行ったたくさんの支援物資をおろしました。このテントの中では、全国から送られてきた支援物資をたくさん積み上げて、数人の方々で分配していました。

次から次から大小のトラックがやってきて、支援物資の入った段ボールをおろしていきます。が、支援物資はかなり多くて、それを分配する人が足りない様子でした。

また、段ボールの中にたくさんの種類のものが入っていると、それをいちいち開けて中身を確認しなければならないようで、その作業も大変そうに見受けられました。

ここで、皆さんにお願いですが・・・

もし、今後支援物資を発送される場合は、段ボール1つにつき、例えばシャンプーのみ。または、ペットシーツのみ、という包装の仕方のほうが良いようです。

難しいようであれば、中身がわかりやすいように、太いペンなどで、
『シーツ10枚在中』『ノルバサンシャンプー在中』など、箱の中に何が何個あるかなどを詳しく書いておいていただけると、きっと現地の分配する人が助かると思われます。

F1000907.JPG

支援物資をおろしてからは、車で坂をあがり、とうとう現地へ到着。まだ新しい看板が・・・営業も2、3年ほどだったそうです。

荷物をおろして、ゴム手袋とマスク、長靴に履き替え、いざお手伝い開始exclamation×2

まずは、係員の方に従って、ボランティアの登録用紙に必要事項を記入しました。氏名・住所など。また手伝いに行ける曜日や、車でのワンコの搬送などの手伝いが可能かなど、記入する欄がありました。
母ちゃんは、残念ながら詳しく先のことがまだわからないので、白紙にして提出しました。(書ける範囲でOKでした)

記入が終わると、「A−1」「A−2」「A−3」など、犬舎別に担当を振り分けられ、そのワッペンを渡されますので、それをわかりやすい場所に貼り付けます。そして、担当になった犬舎のところへ行き、指導係の方に従ってお手伝いを始めました。

F1000939.JPG

母ちゃんたちが担当になったのは、「A−3」という犬舎でした。イングリッシュセターや、ゴールデン、ラブなど大型犬が中心に居るエリアでした。50頭以上はいたと思います。

まずは、そこでバリケンに入ったワンコを1頭ずつ外へ出してつないでおき、その間にバリケンの中に敷いてあった新聞やシートの汚れ物を片付けて、必要に応じてバリケンを水で丸洗いしたり、ハイターで薄めた液などで拭き掃除をして綺麗にしてから、またバリケンにワンコを戻してあげるという作業です。

すでにたくさんのボランティアの方々のおかげで、犬舎全体は清潔になっているようでしたが、やはり狭いバリケンに閉じ込められて、排泄も全部そこでしなければならないワンコたちだけに、バリケンの中はかわいそうなほど汚れていて、不潔な状態。ジメジメしていて・・・本当にかわいそうですもうやだ〜(悲しい顔)

でも、ここで悲しみに泣いている暇はありません。たくさんの頭数が掃除を待っているのです。

フレリノママとペアになって、
『はい、よくガマンしてたね。えらいね。お掃除するから、綺麗になるからね。』と声を掛けながら外に連れていき、バリケンの美化に努めます。
ここでの注意事項は、ワンコたちは全て名札で管理されていて、バリケンも、どのバリケンにどの子が入っているかをちゃんと担当の方々が健康管理などのため、把握しておくので、洗うために外へ出したときは、必ず出した人間がちゃんと覚えておいて、元のバリケンへ戻してあげるようにとのことでした。
また、ワンコ同士でケンカをする子たちも居ますから、出来るだけ外につないでおくときは、他のワンコとリードが届かないような距離でつないでおくというのがポイントでした。

また、ペットシーツはバリケンが大サイズが多かったので、ちょうどシートがうまく合う、『スーパーワイドサイズ』が重宝していました。他のサイズはかなりたくさんありましたが、スーパーワイドサイズのペットシーツが少々不足気味のように思われました。

指導する方も、忙しいのでなかなか手がまわらない様子でしたが、なんとかみんなで声を掛け合って教えあってされているという感じでした。

F1000940.JPG

数時間かけて、数十人のボランティアの方々と一緒にA−3の犬舎内の全てのワンコの掃除を終えました。

F1000947.JPG

次に私達は、ニューファンドランドが5頭で暮らす犬舎の掃除の手伝いに入りました。
上慣れているボランティアさんが来ると、喜んで擦り寄っていく、ニューファンたち。
ここは広いコンクリのドッグランのようになっている場所と、その奥に1頭ずつ個人で入れる大きな犬舎が並んでいました。

犬舎のスノコをあげてから水洗いして、綺麗にしてからスノコを戻して、救援物資で届けられた毛布を持ってきて、新しい綺麗な毛布と取りかえました。その間、ニューファンたちは、ドッグランで元気に走り回っていました。

F1000910.JPG

人懐っこくて、優しい顔立ちをしていました。

お昼過ぎからは、展示室という場所の掃除を担当しました。展示室とは、パーク営業中は、大型犬が動物園の檻のようなところで入れられていて外から見るようになっていたところと思われます。。。

F1000933.JPG

こんなふうに、大型犬が檻で放し飼い。その奥では、バリケンに小中型犬が入れられていました。

ここでも、まずバリケンの中からワンコを出して外へつないで、部屋全体やバリケンを一度解体して全て綺麗に掃除してから、また元へ戻すという作業でした。

ここでは小型犬が多く、お腹を壊しているワンコや体調が悪いワンコも数頭いて、様子を見ながらの作業でした。

皆さんがとても手際よく動かれていて、作業がスムースにはかどっているように思えました。

この犬舎全体は、毎日11時から掃除と決まっていて、上の写真の部屋が1つとすると、確か5、6部屋ありました。ちなみに、この6つの部屋の全ての掃除が終わったのは、15時半頃でした。

F1000932.JPG

F1000931.JPG

すっきり綺麗になって、ワンコたちも少し表情が和らいでいるように思えました。

F1000930.JPG

全ての掃除が終わった後は、ワンコたちを順番にお散歩へ・・・
広い園内を、一周ずつお散歩に行きます。
フレリノママは、アイリッシュセターの男の子を。

F1000928.JPG

きっと、ここに居るワンコにとって一番うれしい時間だろうな・・・
涙をこらえてお散歩。
自分が一人ぶんしか動けないことが悔しく思える・・・
もっといっぱいお散歩してあげたい。もっとたくさんのワンコを連れ出してあげたいけど・・・ごめんねもうやだ〜(悲しい顔)

F1000922.JPG

青い空。この空気の綺麗な澄んだ山の中で、たくさんのワンコは幸せになれるのを待っているのですね・・・

今日出会った、たくさんのワンコたち。瞳が寂しそうなのは・・・
やっぱり気のせいではないのでしょう。。。
    下下下

F1000920.JPG


F1000919.JPG

F1000915.JPG


F1000917.JPG


F1000945.JPG


F1000918.JPG

犬舎は、すでに犬種や病状などによっても分けられていました。看護が必要なワンコは病院へ搬送されたり、別室で隔離されて看病にあたっておられました。

F1000912.JPG

↑↑↑ここは、隔離室でした。他の犬と接触しないように、清潔なバリケンでいつでも様子を見られるように看護にあたられていました。

F1000941.JPG

母ちゃんが見た限りでは、物資は全国から本当に多数送られてきているようで、フードや毛布類・カラー&リードなどは十分すぎるくらいあるように思えました。とにかくスタッフ不足(やはりまずはワンコの世話を優先的に行うの)で、送られてきた物資を分ける作業がかなり大変なようでした。

反対に、不足しているように思えたのは、バリケン(大サイズ)や、ペットシーツの『スーパーワイドサイズ』でした。市販されている一番大きいサイズです。

あと、受付の方に伺った話では、ボランティアがこの土日で200〜300人来てくださったそうですが、そのボランティアの方々を振り分けて作業指示をする担当のスタッフが不足していて、なかなかせっかく来てくださったボランティアの方に動いてもらい辛くてうまくいかないので申し訳ない・・・という感じのお話でした。

やはり土日よりは、平日のほうがボランティアは不足気味のようでした。

最後に・・・
今回このレスキューをされている『アークエンジェルス』さんが、
10月21日(土)22日(日)に、現地で譲渡説明会を行うようです。1日でも早く、1頭でも多くのワンコがどうか、どうか幸せになっていけますように・・・。

現場を見て、かなり泣いてしまうかな・・・と思っていたのですが、いざ現場に着くと、正直、泣いている暇はない!泣きべそかく暇があるなら、1つでも多くのバリケンを掃除して、1頭でも多くのワンコと触れ合ってあげなければ!!!とパワーがわいていました。

でもそうやって思えるのも、一番犬舎が汚く悲惨な状態だったときに、ボランティアの方々がまず綺麗に犬舎を掃除してくださり、今の状態にしてくださっていたからだろうな・・・と思い、心から感謝しました。

帰り際、昼前に掃除したニューファンの小屋をフレリノママと見に行ったときに、1頭のニューファンが見送ってくれました。
 下

F1000909.JPG

『今日はアリガトウ』
そう言ってくれているような気がしました。

☆まだまだ書き足りていないところもあると思いますが・・・
また順に思い出せばUPしていきたいと思います。。。

ニックネーム terudora at 22:49| Comment(18) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bana-ranakuri.JPG

はちゃめちゃレトリバー☆ラナクリ母ちゃんの徒然日記。