2006年10月05日

四葉レオの旅立ち四葉

F1000905.JPG

レオが、奈良の里親さんであるDoor'sさんのところへ行く日が決まりました四葉

10月15日(日)になりました。

Door'sさんファミリーの、娘さんであるKちゃんが、レオの名前を
「ラルフ」という名前がいいと考えてくれているそうで、名前も新しくラルフに改名ですかわいい

今日からレオをラルフって呼ぶように練習顔(笑)

結構気に入ってる様子ですわーい(嬉しい顔)

F1000968.JPG

最近はすっかり甘えたさんで、ラナやクリスと競って父ちゃんや母ちゃんに擦り寄ってくるラルフ爺。

きっとラルフのことだから、新しいおうちでも可愛がってもらえることでしょうexclamation×2

体調もすっかりよくなって、やせ細っていた体もしっかりしてきました。

ドンくさいゴールデンらしい一面もあるし、父ちゃんや母ちゃんの指示や呼びかけにもしっかり対応できる利口さもあります。

ラルフ、もう少しで我が家を卒業だね・・・

すんごく寂しいけど、ラルフが本当にこれから新しい生活&幸せになれるんだよ・・・わーい(嬉しい顔)揺れるハート

・・・でも、ま、我が家にいる間は「レオ」でいいよね顔(イヒヒ)

今日は。。。

10月5日。ちょうど一年前の10月5日に、小春をお腹の中にやどっていて、腹帯をもらいに祈祷に行き、その帰りに寄った病院での検診で小春が「胎児水腫」という不治の病になっているかもという診断をいただいてしまった日です・・・。

小春は当時の超音波診断で、「女の子」と言われていました。母ちゃんは、父ちゃんの欲しがっていた女の子だとわかって、ものすごく嬉しかったのを覚えています・・・・。

・・・実はね、今はワインバー開けて飲んでいるんです。。。
今日は、やっぱり飲まないと色んなことを思い出して泣いてしまいそうだったので・・・ははは、、、

でも、結局お酒の力が働いて??飲んでいると涙が出てきてしまって(お酒を最初に飲み始めた当初って泣き上戸だったことあるんです)
去年のことを思いだして、切なくなって涙が出てきてしまいました。

バラエティ番組をみながら、突然泣き出したので父ちゃんビックリがく〜(落胆した顔)
でも、すぐにわかってくれました。

私達にとって、やはり小春のことは一生忘れることがないんでしょうね・・・

1年が本当に早く感じます。

小春が守ってくれた、母ちゃん自身の体・・・

大切にしながら、これからも生きてゆきたいです。

今日はちょっぴりしんみりバージョンすみませーーーん顔(ペロッ)

ニックネーム terudora at 21:38| Comment(22) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bana-ranakuri.JPG

はちゃめちゃレトリバー☆ラナクリ母ちゃんの徒然日記。