2007年05月09日

ビルおチビちゃんをセンターへビル

先日紹介した、ぽんたろう君のおうちで保護されていたパピーの男の子。

このまま里親が見つかるまでぽんたろう君のおうちにいるのがいいかな?と思っていたのですが、どうやらこのパピー君は野犬の赤ちゃんである可能性が強く、夜になると遠吠えをしたりかなりうるさく暴れたりして、ぽんたろう君の一家はみんな寝不足で、ぽんたろう君自身にも大変なストレスだったようで、ママさんより相談を受けました。

そこで、色々考えた結果神戸市にある動物管理センターに相談して、このパピー君を預かってもらい譲渡会に出してもらえるように教育してもらうことになったのです。

実は、ぽんたろう君もこのセンターから今のファミリーに譲渡会によってもらわれたワンコなんですよ。

ということでパート休みの本日、ママさんとパピー君とを乗せて、神戸市北区にある動物管理センターへ行ってきました車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

IMG_3694.JPG

センターへ着くと、今日13時からちょうど譲渡会だったので数人の人が新しい家族を探して見に来られていました。

前もって電話していたので、すぐに対応していただきました。その担当のYさんという方が、本当に笑顔が素敵で優しそうな方で、母ちゃんはその対応に心から感動し、感謝しました。

正直、冷たい感じの場所なのかな?と思っていただけに、このパピーを預けることに不安もあったのですが、彼女の笑顔でそれが吹き飛びました。

おチビちゃんを抱っこしてくれて、時折話しかけながら、こちらも色々と説明を受けました。

一度センターに預けると、もうこちらは一切すべてをセンターにゆだねなければいけません。ひとまず、今日の譲渡会に出すにはまだ社会性が出来ていないので難しいということで、とりあえずセンターで数日間教育といいますか、育てていただいてから、怖がりの面などをなるべく改善して譲渡会に出してもらえるとのことでした。たくさんのボランティアの方が来てくださり、躾なども手伝ってくださるそうです。

ということで、ぽんたろうママさんもすごく納得して、すべてお任せしますということで安心して託すことが出来ました。

まだ野犬の気質が残っているので、出来るだけ色んな人と接して、譲渡会で優しい家族と会えますように・・・ハートたち(複数ハート)

フレリノママが以前保護したサンタも、ここでの譲渡会で無事に今では新しい家族の元へもらわれていったということなので、きっとこの子も頑張ってくれることでしょう。

IMG_3695.JPG

IMG_3699.JPG

IMG_3701.JPG

外の犬舎には、たくさんの新しい家族を待つワンコたちがいました。
自分がまだまだ無力で、もっと何か出来ることはないかな・・・とこの子達をみて考えさせられました。

きっといい家族にもらわれて幸せになっていってね。

センターで働くYさん達やボランティアの方々に心から感謝&尊敬の気持ちを持ちました。

IMG_3697.JPG

お仕事を増やしてしまい心苦しい気持ちもありましたが・・・どうか、この子のこともよろしくお願いします・・・・四葉




ニックネーム terudora at 20:17| Comment(13) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bana-ranakuri.JPG

はちゃめちゃレトリバー☆ラナクリ母ちゃんの徒然日記。