2007年10月20日

リボン小春、3回忌。

2年前の、いまごろ。
一生分の涙を流しきってしまうのではないかと思うぐらい泣きました。
自身の人生で想像もしていなかったその哀しすぎる別れから
もう2年もの月日が経ったのですね・・・。
今でも目をとじればあのとき小さな小さな棺に入った動かないわが子に
一生懸命語りかけたのを思い出します。
そして、フラッシュバックすると、気付けばやはり
涸れることを知らない涙は頬をゆっくり伝っていってしまうのです。

・・・と、暗いスタートになってしまいました。
そう。今日は小春の命日です。
自分の辛さをぶつけてしまいました。ごめんなさい。みなさんへの甘えです。
今日だけ・・・ちょっと許してくださいね。

でも、涙を流したあとは、決まって小春がくれたたくさんの優しさがいっぱい自分の中に溢れてきます。
私が自作のWEBページに、「ふたたび、空へ・・・」というのを設けていますが、この2年間で私と同じように胎児水腫という病気でわが子を空へ見送らなければならなかったママからたくさんのメールを頂戴し、私の気持ちに添っていただきパワーをおくっていただいたと同時に、私自身もそんなママたちへ前向きに生きることの大切さを少しでも伝えることが出来たことを嬉しく思います。

小春が私に遺してくれた、優しい強さのおかげです。

そして・・・
みんな、決して人に言わなくても辛いことや哀しいことを胸に秘めて生きている。
どんなに辛くても頑張って生きているということも、このブログを通じて知り合えた様々な方に教えていただきました。

感謝。この言葉を心から皆さんに伝えたいと思います。
小春も空からきっと、笑顔で見守ってくれていると思うから・・・

忘れない。けど、振り向きすぎない。
ラナクリ母ちゃんは、そんな皆さんや小春のくれた
「大切」を心に抱いているから、笑顔でいられます。

ありがとう(^-^)


ニックネーム terudora at 22:40| 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
bana-ranakuri.JPG

はちゃめちゃレトリバー☆ラナクリ母ちゃんの徒然日記。