2006年10月26日

犬(笑)再び、広島ドッグパークへ犬(笑)

F1000077.JPG

二度目のボランティアにやってきました。とってもいいお天気晴れ
今回のメンバーは、フレリノママ・TORIEのヤス君・そして母ちゃんです。

前にはこの入り口から聞こえてきていた、たくさんの哀しそうなワンズの鳴き声の大合唱も、今日は数頭の声しか聞こえません。

それもそのはず。21日、22日と3000人以上の人が譲渡会に足を運んでくれ、319頭のワンコたちが、新しい家族と共に新しい家へと帰っていったそうです四葉

不公平さを訴える人や、せっかく遠方からやってきたのに面接で嫌な思いをした・・・など、インターネット上でも様々な意見が飛び交っているようですが・・・

ワンコのことを一番に考えたアークエンジェルズさんのメンバーの方々や毎日現場に足を運んでくださっていた、たくさんのボランティアの人々の絶え間ない努力や行いは、間違いなくすばらしいことだと思います。。。

受付にて記帳をすまし、お友達から預かってきていた嘆願書とカンパのお金を預けてから役割分担を。

今日は、事務所の仕事の人手が大変不足しているとのことで、フレリノママと母ちゃんは事務所へ。ヤス君は、残っている約180匹のワンコが待つA−1の犬舎のお手伝いの担当になりました。

でも、まずは3人でテレビでも放映されていた、たくさんのワンコが埋められていたという場所へ・・・おまいりに。

F1000074.JPG

持って行った花を3人で供えて、お線香を立てて、静かにお参り。
本当に、本当にごめんね・・・どうかどうか、安らかに。
新しい家族のもとへ旅立っていくワンコたちのことをどうか温かく見守ってあげてください・・・

さぁ・・・お手伝い開始です。

事務所では、
@電話応対
A先日行われた譲渡会の面接に来られた方への結果のお手紙の発送準備
B全国から送られてきた、嘆願書の人数集計とまとめ
C保護されたワンコたちの1頭1頭の病状などが記されたカルテのコピー&整理など
を行いました。

数秒おきにかかるといっても過言ではない電話。『先日譲渡会行ったのですが、返事はいつくれるんですか?』や、『面接を受けたいのですが・・・』という内容や、テレビ局からのアポ、病院の医師からのワンコの様子についてのこと、ワンコの新しい家族となってくれた人からの、ワンコについての育児相談などなど・・・
面接希望の人には、面接日と時間も日付を決定してノートに書き込む作業も。最初はドキドキでしたが、事務所はたった4、5人で必死に対応されているのを見ていると、失敗を恐れている場合ではありませんあせあせ(飛び散る汗)フレリノママと、見様見真似で一生懸命応対しました。

そうやって電話を取りながらも、嘆願書を数えていきます。嘆願書も、きちんと1枚10人分ずつ書かれているものもあれば、1枚2,3人書いてあってそれが何十枚もあるものなど、バラバラだったので、まとめていきます。人数が大事なので、間違えないように頑張りました。

皆さんが本当にこの嘆願書を全国から送ってくださっているのがよくわかり感動しました。かなりの枚数集まってきていましたよわーい(嬉しい顔)

明日、アークエンジェルズの林代表が、直接市長と警察署長へまとめた嘆願書を提出しに行かれるとのことでした。

保護されたワンコの1頭1頭のデータもきちんと管理されていて、丁寧に病状や治療過程の書かれたカルテがあり、それをコピーして保存されていました。新しい飼い主さんが決まると、担当の方が事務所に来られて、『A−2−223のキャバリアのカルテ貸して!』といったぶんを私達が何百枚あるものから探して渡したりしました。

その間、今日も里親希望の方の面接がずっと行われていて、数人しかいない面接係の方が忙しい中必死で対応されていました。

F1000070.JPG

林代表やその奥様は、ワンコの世話をしながらも、連日増えてきているマスコミ関係の応対などをされているようでした。
テレビ局の人たちが面接に来ている方にインタビューを行ったり、上の写真のように林代表から話を聞いたり、闘病中のワンコとのふれあいの様子を撮影したりしていました。


さて、ヤス君から聞いたまだ新しい家族に出会えていないワンズのことですが・・・
母ちゃんたちは今日は事務仕事オンリーで犬舎には一度も入れなかったのですが、ヤス君いはくずいぶんと綺麗になっていたそうです。

掃除はたぶんもう11時には終わっていたらしく、ヤス君が合流して始まった仕事は、ワンコの様子の把握・散歩・御飯の準備などだったそうです。御飯は、量もこのワンコは○グラムなどちゃんと決まっていて、栄養状態や病状などに合わせてしっかり管理されてたそうです。

そのお世話の間、本日面接に来られた方とキャバリアのワンコが里親決定したそうで、連れて帰れるのが決定したそうで、毎日訪問しお世話をしていたボランティアさんたちが涙を流してそのキャバリアのことを喜んでいたそうで、いい場面だったと言っていましたわーい(嬉しい顔)

里親さんとのいい出会いを心待ちにしているワンコたち。
特に多いとヤス君が感じた残っている犬種はビーグルだったそうです。
あと、イングリッシュセターも6頭ほど。。。ドーベルマンなどの大型犬もいたようです。でも、やはりどの子もかなり衰弱しているそう。皮膚病などもありますし、手あつい看病してあげるのがもちろん最前提のようです。

事務仕事の途中で、華ママさんを通じてお友達になれたレティ子ママさんが来てくださり、一緒に事務のボランティアに参加してくださいました揺れるハート
帰りしに少し話せて楽しかったです。せっかくわざわざ母ちゃんたちに会いに来てくださったのですが、思いのほかお手伝いが忙しく、ほとんどお話できずに申し訳なかったですあせあせ(飛び散る汗)


F1000074.JPG

帰りしにみた、ハスキーの男の子。散歩が大好き。かなり活発と書いてありました。冬牙(トウガ)君っていう名前らしいです。

F1000072.JPG

ボルゾイの2頭。かなり活発のようです。。。

ほかにもとても痩せた秋田犬もいました。

どうか優しく素敵な新しい家族と出会えますように・・・と遠くからですが、おまじないかけてきました・・・もうやだ〜(悲しい顔)


事務のお仕事の手伝いはかなり忙しく、あっという間に時間が過ぎてしまいました。

事務所にも、保護された数頭のワンコ(痩せた皮膚病の子や年輩ゴルなど)がいましたが、時折母ちゃんたちのところへのそーっとやってきては、顔を覗き込むように見に来てくれ、お礼を言ってくれているかのように思えました。彼らが励ましてくれました。

譲渡会が終わり、ボランティアの方の人数も減っているようですが、今日はちょうど明日の嘆願書提出にむけての準備で事務仕事がたくさん人手が必要だったようで、ちょうど参加できて役に立ててよかったですかわいい

フレリノママ・ヤス君・レティ子ママさんもお疲れ様でした車(セダン)ダッシュ(走り出すさま)

メールなどで応援してくださった皆さんありがとうexclamation×2





ニックネーム terudora at 23:16| Comment(16) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様でした。
電話の対応大変だったでしょうね。
でも本当に良い飼い主さんにめぐり会って欲しいですね。

Posted by momomama at 2006年10月26日 23:33
お疲れさまでした。
事務処理も、さぞ大変だったでしょうね。
残っている子達が、幸せになれますように・・・
Posted by おはる at 2006年10月26日 23:45
「お疲れ様でした」
事務所での電話応対なんてドキドキですね〜。
譲渡会での不手際みたいな事がHP上に書かれていたりする中、電話での一言一言に気を使いますね。
やっぱり大型犬が残っているんですね〜。
優しい飼い主さんにめぐり合えますように・・・。
Posted by くりす at 2006年10月27日 00:01
昨日は一日
「今日は木曜日だなぁ」
「今ごろ 広島に着いた頃かなぁ」
「今ごろ ボラに汗を流しているころかなぁ」
「日が暮れてきたら 風が冷たいなぁ」
「帰り道 居眠り運転してないかなぁ」
「もしかして・・・ポケットに1頭 しのび込ませて来てないでしょうね」(笑)
などなど・・・
ずっと気になっていました。
早速 ご報告してくださってありがとうございます。
ご苦労様でした。
Posted by Spaママ at 2006年10月27日 08:59
ボランティア本当にご苦労様でした。
TORIEさんご家族と行かれたのですね。電話の応対は・・本当に大変だったと
思います。
譲渡会・・色々とありますが・・
一番に本当に一番にワンちゃんの
幸せを願いたいです。
本当にご苦労様でした。
Posted by さくら(ボブの母) at 2006年10月27日 10:07
☆☆momomamaさん☆☆
はーい!応援ありがとうございましたぁ♪
やはり残っているワンズは面接での審査も厳しいというか・・・難しいようでした。でもきっといい飼い主さんにめぐりあえるはずですよね!!祈っています。
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月27日 19:19
☆☆おはるさん☆☆
ありがとう!きっと見つかるよね・・・寂しそうな顔をしていたけど、おまじないかけてきたから!(涙)
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月27日 19:20
☆☆くりすさん☆☆
応援メールうれしかったでーす。
確かに、残っているワンズは条件が厳しいみたいです。。。でも、きっと時間をかけていい飼い主さんに巡り会えると信じています。アークエンジェルズさんならきっと見つけてくださると思います!!
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月27日 19:21
☆☆Spaママさん☆☆
ママさんありがとぉーーー。
ププっ(笑)確かにポケットに入れて連れて帰ってあげたかったですよぉ・・・やっぱり残っているワンズは条件も厳しく、なかなか難しいみたいです・・・。でも、凶暴とかじゃないんですよね。愛情を持って育ててあげたらきっと大丈夫な子ばかりです。いい家族とどうか巡り会えますように。。。
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月27日 19:27
☆☆さくらさん☆☆
ありがとうございます!本当にそうです。色々といわれている中、一番に考えてあげるべきことはワンコのことであります。私もフレリノママもTORIEのヤス君も、ワンズのために頑張ってきましたよ!これからも応援よろしくお願いしますね(^-^*)
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月27日 19:29
前回に引き続きご苦労様でした!
teruさん普段もお仕事されてるのに休みの日を
利用してボランティア、、ほんと頭下がります!
大変でしたね。。
譲渡会の様子はTVで見ましたがずいぶんと
たくさんのワンコ達の里親さんが見つかって
私も少しホッとしました。
おまじない効果発揮してほしいですね、
私も遠くからパワー送ります!
Posted by 涼風 at 2006年10月27日 20:05
ラナクリ母ちゃん、お疲れさまでした。
5日間違いでしたね。りんごママは初めてのボランティアで、単身乗り込みで凄く気がはっていてガチガチでした。もともとボーッとしているので足手まといになるようだったらと心配で心配で〜それでもAAさんや他のボランティアの人達の空気に飲み込まれ、ただただ必死で〜果たしてお役に立てたのか?でも里親さんに抱かれて帰る子達の姿を見てると、逆に凄いパワーを貰った様で〜ウチのパパも私がワンを連れて帰ってきたらどうしょうかと、気が気じゃなかったそうです(笑)途中騒然とする光景も見ましたが、何よりもワンが一番幸せになれる所に行けたらいいなあって思いますよね。
Posted by りんごママ at 2006年10月27日 22:54
ラナクリ母ちゃん、おかえり!!
現地に行ってるラナクリ母ちゃん達すごいなぁ・・・
ボルゾイちゃん達、おそろいのお洋服を着てるね!
わたしもおまじないかけておきました☆
Posted by ゅぅちゃん at 2006年10月28日 12:59
☆☆涼風さん☆☆
はーい!頑張ってきましたよ!
ずいぶんと状態もよくなり、ワンコたちも少しずつ病気が快復してきてはいるようです。まだまだ課題も多い感じでしたが、きっと全ワンコが家族を見つけてほしいと思います。一緒に応援していきましょうね!!
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月28日 19:25
☆☆りんごママさん☆☆
おおおお!りんごママさんも広島へ行かれたんですね!お疲れ様でした。きっとワンズたち、幸せになってくれると信じています。これからも応援頑張りましょうね!
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月28日 19:27
☆☆ゅぅちゃん☆☆
うんうん!おそろいの洋服見てて、誰か一緒に引き取ってくれたらいいのになぁって思ったよ。きっとそうゆう人が現れるはずだ!!!
Posted by ラナクリ母ちゃん。 at 2006年10月28日 19:28
bana-ranakuri.JPG

はちゃめちゃレトリバー☆ラナクリ母ちゃんの徒然日記。